【2019年版】SE(システムエンジニア)がガチでオススメするプログラミングトイ5選

f:id:orchid-bell:20190110222147j:plain

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されます。

これを受けて、昨今はプログラミングトイというプログラミングを学ぶためのオモチャの市場がかなり盛況になってきているようです。

手軽に楽しめながらプログラミングを学べるプログラミングトイですが、あまりにも数が多く、値段もピンキリでどれが良いのかよく分からないのではないでしょうか。

そこで今回はSE(システムエンジニア)視点で、学習に効果がありそうなプログラミングトイについてご紹介します。

  

プログラミングトイを買い与える年齢は、ウノができるようになってから。6歳前後あたりからが対象と考えた方がいい

プログラミングトイの中には、対象年齢3歳からと表記されているものもありますが、いくらオモチャとはいえ、3歳ではとうてい理解できないというのが私の考えです。

プログラミングの基本概念は、実行・条件分岐・繰り返しの3要素あり、プログラミングトイはこの概念を学ばせるためのオモチャとなっています。そのため、プログラミングトイで遊ぶには、この3要素を頭で考えられるだけの能力が必要になってきます。

そのための年齢は、自分の子どもを含めまわりのお子様を見る限り、6歳前後からかなと思います。トランプのババ抜きやカードゲームのウノができるくらいの知能がついてきたあたりを目安にすると良いと思います。

 

もっと小さいうちから準備を開始したい場合は、論理的思考力を高めるような遊びを取り入れると良いと思います。

詳しくはこちらの記事にまとめましたので、よろしかったらご覧ください。

www.high-class-engineer.xyz

 

子どもは大人が考えている以上に学習能力が高い。プログラミングトイは少し難しめくらいでちょうどいい

6歳前後の子どもに買い与える場合の、プログラミングトイを選ぶ基準についてお伝えします。

子育てに奮闘されている方は実感するされていることと思いますが、子どもは大人が思っている以上にのみこみが早く、あらゆることを吸収していきます。そして、思ってもみない遊び方を思いつきます。

プログラミングトイも同じで、簡単なものはすぐに攻略してしまい飽きてしまいます。遊び方(プログラミング)のバリエーションが豊富で、創意工夫の余地がある方が長く楽しんでもらえると思います。

そのようなプログラミングトイは遊び方が複雑にはなるのですが、子ども特有の吸収力であっという間に克服しますので、あまり気にしなくて良いと思います。

 

 

オススメのプログラミングトイ5選

それでは、6歳前後の子どもが楽しみながら学べるという視点で、オススメできるプログラミングトイについてご紹介します。

 

セットアップ不要! カードで操作するプログラミングカー

 

前に進む、右へ曲がる、などのカードを本体に読み込ませ動かします。
プログラミングトイはパソコンやタブレットなどで命令を組み、それを本体に転送して動かす形のものが多いのですが、それだとデバイス間のセットアップが必要になり意外と面倒です。そのような手間がなく、箱を開けた瞬間からプログラミングを楽しめるのはお手軽です。
付録のマップの上を思い通りに走らせることできるようになったら、机から落ちないように操作してみるとか、積み木で迷路を作って走らせるとか、「こんなことできる?」という課題を与えて考えさせてみるのも良いと思います。

 

考える→プログラミングという実践的な流れを体験できる! ロボットマウス

 

できることは、上述のプログラミングカーとほとんど変わりません。
カードが付属していますが、上述のプログラミングカーと違い、それを読み込ませるのではなく、並べて考えるための思考整理ツールとなっています。
自分で並べたカードの順番(ロジック)通りに、ロボットマウスの背中のボタンを押してプログラミングを行います。
ロジックを組み立ててからプログラミングするという流れは、実際にSE(システムエンジニア)やプログラマーが行っている行為ですので、より実践的な体験に近いと思います。

 

電池不要! アナログゲームなのにプログラミングが学べるロボット・タートルズ

 

Googleプログラマークラウドファウンディングを利用して開発したことで有名なボードゲームです。アナログなボードゲームでありながらプログラミングが学べるというおもしろいコンセプトです。
ボードのコーナーにカメを置き、中央に置いた宝石を取りにいくというゲームで、4人同時に遊ぶことができます。何人もお子様がいる家庭やパーティゲームとして楽しめるのも良いですね。
プログラマーが開発したというだけあり、プログラミングに必要な要素が随所にちりばめられています。

 

あの公文式のくもんが提供! 論理的思考を養うくもんのロジカルルートパズル

 

もう一つ、PC不要のプログラミングトイをご紹介します。くもんの知育玩具です。
ボールをボード内で上から下に転がし、指定された色の穴に入れるだけなのですが、ボールの道筋を決めるピースを組み合わせて行き先をコントロールします。
問題集が付属しており、くもんらしく難易度も幅広いです。上級問題は大人でも難しく感じます。
プログラミングというよりは、論理的思考力を身に着けるためのプログラミングトイです。

 

大人のプログラミング学習にも使える! 本格的なプログラミングが楽しめるKOOV(クープ)

 

レゴのようにブロックでロボットを組み立て、iPadやPCで作成したプログラムを転送することで動かします。
ハードとソフトが分離されているため、実際のプログラミングに近い体験が経験できるのが特徴です。
命令のバリエーションが他の商品に比べて豊富でできることが多いため、長くプログラミングを楽しむことができます。付属の教材を活用して無理なくステップアップすることで、徐々に複雑なプログラミングに挑戦できますが、値段が高いのだけが難点。
子どもだけでなく、プログラミング初心者の大人にも教材としてオススメです。

 

以上、「【2019年版】システムエンジニアがガチでオススメするプログラミングトイ5選」の記事でした。

ぜひ、お子様の成長に合わせて、一緒にプログラミングの世界を楽しんでいただけたらと思います。