長時間PCやスマホを見る人におすすめ! 現役SEが実践している視力低下を予防する目の体操

f:id:orchid-bell:20181208010152j:plain

昼間は仕事でパソコンとにらめっこ、夜はスマホでゲームと動画。そんな生活を送られている方も多いと思います。ふと画面から顔を上げてみると、まわりの視界がぼやけて見える。そんな経験がないでしょうか。

 じつはこれ、視力低下の危険信号です。

 今回は、長時間PCの画面と向き合うことが多いシステムエンジニアの私が実践している、視力低下を予防するための目の体操をご紹介したいと思います。

  

なぜ視力低下が起こるのか 視力低下のメカニズムを知る

 

医者ではないので専門的な話はよく分かりませんが、視力低下は多くの場合以下のメカニズムによって引き起こされるそうです。

 

  1. 人間は、目の水晶体の厚さを変えることでピントを合わせている
  2. パソコンやスマホなど、近いところ見る時には水晶体が厚くなりピントがあった状態になる
  3. これが長時間続くと、水晶体が厚い状態に慣れ、元に戻りにくくなる(画面から目を離した時に視界がぼやけるのはこれが原因)
  4. 日常的にこれを繰り返すことで、水晶体が厚い状態が基準となり、遠くを見る能力が落ちる(視力低下)

 

ようするに、視力低下は目のまわりの筋肉硬化が原因となることが多いそうです。

 

これが目のコリやかすみを引き起こしたりしますので、そういう時はこれからご紹介する目の体操で、目の筋肉をリフレッシュさせましょう。

 

視界もすっきりするし、何より視力低下の予防になりますよ。

 

 

視力低下を予防するための目の体操

体操は、以下の手順を順番に実行していきます。

 

目をぎゅっ!→開くを繰り返す

  1. 目をぎゅっとつむる

    f:id:orchid-bell:20181129215530j:plain

  2. 目いっぱい目を開ける

    f:id:orchid-bell:20181129215624j:plain

  3. この動作を5回繰り返し、最後は10秒間ぎゅっと目をつむり続ける

    f:id:orchid-bell:20181129215530j:plain

  4. これを2セット行う

 

目を上下左右にめいっぱい引っ張る

  1. 顔を固定したまま、上を見る。この状態を10秒間キープ
    アゴを引いて、目だけ動かします

    f:id:orchid-bell:20181129215939j:plain

  2. これを上下左右行う

 

目をぐりぐり動かす

  1. 目の前で指を八の字に動かし、顔を固定したまま目で追う

    f:id:orchid-bell:20181129220428j:plain

  2. 目の前で指を前後に動かし、それを目で追う

    f:id:orchid-bell:20181129221350j:plain

 

以上です。

これを目のコリやかすみが気になった時にやると、視界がすっきりしますよ。目のまわりの筋肉がほぐれますので、視力低下予防に効果的です。

 

ぜひお試しください!